美容と健康ブログ

健康や美容に関するお悩み、コスメやダイエット系情報を掲載しています。

メイク道具一式いくらかかる?【解説】

メイク道具一式

 

新生活のスタート・新学期のイメチェンのため、メイクをはじめるきっかけは人それぞれですが、初心者さんがはじめるのにまず気になるのが、「メイク道具って一式そろえるのにいくらかかるの?」という疑問ではないでしょうか?

ピンキリなのは知っているけれど、最低限メイクするのにおおよそいくらか知りたい!

今回はそんなあなたの疑問を解決していきます!

まずは最低限のメイク道具をそろえてメイクデビューしてみましょう。



メイク道具一式とは?メイクの手順に合わせて必要なものを解説

メイク商品

メイク初心者であればファンデーションやアイシャドウの存在はなんとなく知っているけれど、手順までは…が正直なところですよね。

メイクの流れを知って、必要な道具をピックアップしていきましょう!

まずはメイクの手順を知ろう!メイクの3ステップを解説

メイクは大きく分けて3つのパートに分かれています。

1.ベースメイク

ファンデーションを塗り終わるまでのパートをベースメイクといいます。

ベースメイクはメイクの中の土台部分!

ここをしっかりすることでこの後のメイクの完成度を左右するので重要です。

2.ポイントメイク

メイクと聞いて想像するのがこのパートです。

アイメイクはアイシャドウをぬってマスカラをして…!

チークや口紅、眉毛をかいて顔をかわいくしていきます。

3.洗顔&スキンケア

初心者さんはメイクをするということに気を取られがちですが、メイクをしたら落とさないといけません。

メイク落とし、洗顔に加えてスキンケアで元の肌の調子を整えます。

洗顔&スキンケアは朝と夜の2回が基本です。

メイク道具一式は何をさす?メイク道具を紹介!

ベースメイクでは化粧下地とファンデーションを使います。

パウダーファンデーションであれば、この2つのみでOKです。

リキッドファンデーションを使う場合は、化粧下地→リキッドファンデーションの後フェイスパウダーを使います。

ベースメイクに必要なもの:化粧下地・ファンデーション(+フェイスパウダー)

ポイントメイクではまずアイメイクにアイシャドウ、マスカラ、アイライナーを使います。

マスカラ前にまつ毛をアップさせたいので、ビューラーも必要です。

次に眉毛を書くアイブロウ、仕上げにチークと口紅を使います。

上級者さんはハイライトとシェーディングで顔の立体感を出しますが、メイク初心者さんは省略してもOK。

ポイントメイクで必要なもの:アイシャドウ、マスカラ、ビューラー、アイライナー、アイブロウ、チーク、口紅(+ハイライト、シェーディング)

洗顔&スキンケアですが、メイクをしたら落とすためにはメイク落としが必要です。

メイク落とし後、洗顔フォームを使って顔を洗います。

メイク落とし&洗顔がセットになっている洗顔料もあります。

スキンケアは2ステップで、化粧水→乳液の順番です。

洗顔&スキンケアで必要なものはメイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液。

お好みのものや肌に合うものを選ぶと楽しいですよ!

メイク道具一式の値段は?プチプラで揃えるなら目安はいくら?

メイク道具一式のコスト

CMで見るブランドのメイク用品は高いですが、今はドラックストアなどで安く買うことのできるプチプラコスメが人気!

初心者さんはプチプラコスメを使って練習し、だんだん自分の好みでメイク用品をそろえていくといいでしょう。

値段まとめ!ベースメイクで使う道具編

・化粧下地

コスパ重視ならmediaやkiss、セザンヌの下地は1000円以下で購入できます。

選び方には肌質、カバーしたい肌の色、崩れにくさなどポイントはありますが、総合的に使いやすいものを選びたいならマキアージュやPrimavistaがおススメです。

こちらの値段は4000円弱です。

・ファンデーション

パフがついていて塗りやすいので、パウダーファンデーションがおススメ。

こちらも質も考慮したうえでコスパを重視するなら1500円前後で購入できます。

リキッドファンデーションはKATEやMAYBELLINENEWYORKなど、プチプラで人気のものでも1500~2000円程度。

・フェイスパウダー

リキッドファンデーションを使うならフェイスパウダーも使う方が無難です。

コスパ重視なら1000円前後で購入できます。

値段まとめ!アイメイクからメイク完成までの道具編

アイメイクはCANMAKEがコスパ最高です。

アイシャドウ800円、アイライナー700円、マスカラ800円、アイブロウ600円強で購入できます!

ビューラーは消耗品でないので少し良いものを買っておくとよいでしょう。

1200~2000円くらいのものを買えば間違いないです。

アイブロウは600~1000円でいろいろなブランドから選べますし、チークも800円前後のものでOKです。

口紅は500円で購入可能で、多色展開しているので自分の好きな色を選びましょう!

今話題の韓国リップでも1500円程度で購入できます。

値段まとめ!メイクを落としてから夜使う道具編

メイク落としは1000円弱で購入できます。

洗顔料は今まで使っていたものがあればメイクを始めてからも同じでOKです。

購入する場合でも1000円あれば十分でしょう。

化粧水・乳液も1000円弱の商品が多いです。

はじめはオールインワン化粧水を使ってもよいでしょう。

化粧水と乳液がセットになっていて1000円程度です。

3ステップをまとめてみると、本当にコスパ重視であれば1万円でメイク道具をそろえることができます。

もちろん最近は100均コスメなどもあるので、利用すればもっと安くなりますが、化粧品メーカーの化粧品をそろえるとなると1万円をきるのは難しそうですね。

まとめ

メイク風景

メイクをはじめるうえでまず気になるメイク道具一式のお値段ですが、最低でも1万円はかかります。

メイクは慣れの要素が大きいです。

やっているうちにこだわりも出てきます。

初心者さんはまずプチプラでメイク道具をそろえて、自分の好みのものが見つかれば、化粧品のレベルをあげてみてはどうでしょうか。

最近は100均コスメなどもあり、メイクをはじめるハードルはどんどん下がって来ているのでメイクデビューしてかわいくなりましょう!