美容と健康ブログ

健康や美容に関するお悩み、コスメやダイエット系情報を掲載しています。

アイブロウの選び方!【解説】

コスメ道具一式

 

アイブロウには数多くの種類があって選び方に迷っている人も多いのではないでしょうか。

なかなか無くならないからとずっと同じものを使っていたら、だんだん似合わなくなってしまうこともありますよね。

しかし、なんとなくで選んでいるアイブロウにも、実は選び方のコツがあるんです!アイブロウは顔の中でも一番顔の印象を決めるパーツの一つです。

正しい選び方を知ることで、ますます化粧を楽しみましょう。

今回の記事では、自分に合った色や理想のイメージに近づくためのアイブロウの選び方を、化粧方法とともに紹介していきます。



アイブロウの選び方で印象が変わる!自分に合った色を選ぶコツ!

アイブロウメイクの様子

どれも同じように見えるアイブロウも、実は選び方でまったく違った印象を作り出すことができるんです!

少しの色の違いから自分に合った色を選ぶコツを知って、完璧なアイブロウを手に入れましょう。

髪色より明るい色を選ぶ

まず最初に髪色より明るい色を選ぶことが大切です。

多くの人が髪色に合わせてアイブロウや眉マスカラを選んでしまいますが、アイブロウは髪色と同じ色にしてしまうとかなり濃い印象を与えてします。

ですから、イエロー系・ピンク系・ブラウン系など、色味は髪色に合わせつつ髪色よりも一段階明るい色を選ぶことでバランスのいい色に調いますよ。

アイブロウ一種類で描かない

アイブロウは一種類で描いているという人も少なくないのではないでしょうか。

眉毛は全部同じ色ではなく、グラデーションをつけた方が自然で立体感のある印象に仕上げることができるんです。

色自体を使い分けたり、部分によってペンシル・リキッドライナー・パウダーなど種類を変えてみましょう。

しかし、そうはいっても仕事前の朝は時間に追われていてメイクに時間をかけられないという人にとって、アイブロウを何種類も使い分けるのは難しいですよね。

そんな時には、一本にアイブロウペンシルとパウダーが一緒になっているものを使うことがおススメです。

眉頭はパウダーを使い、細かい部分や眉尻にはアイブロウペンシルを使いましょう。

違ったテクスチャーで眉毛を描くことで、のっぺりせずにおしゃれで自然な眉毛に仕上げることができます。

眉マスカラで簡単垢抜け顔!

眉マスカラは、色を変えるだけのアイテムと思われることが多いですが、実はそれ以外にもあらゆる効果があります。

眉マスカラは、眉毛自体に動きをつけることができ、より立体感を作ることができるんです。

眉頭は毛並みを上に上げるように塗り真ん中から眉尻にかけては外に向けて塗りましょう。

これによって簡単に今時の垢抜け顔に大変身です。

また、眉マスカラと他に使うアイブロウアイテムの色が違いすぎると浮いてしまうので注意しましょう。

理想のイメージに近づくためのアイブロウの種類の選び方!

アイブロウのアップ画像

人それぞれメイクによってなりたい理想のイメージがありますよね。

ここでは一人一人の目的に合わせた顔に近づくためのアイブロウの種類の選び方を紹介します。

他のメイクをアレンジしなくても、アイブロウを工夫するだけでグッと顔のイメージを変化させることができますよ。

優しいイメージならパウダーアイブロウ

優しいイメージにしたい人は、パウダーアイブロウをうまく使ってふわっと眉毛を描くことがポイントです。

輪郭をあまり強調させずに眉の形を整えることで、主張しすぎずにおしゃれで美意識の高い仕上がりになりますよ。

パウダーアイブロウを使う際には、ブラシも重要です。

付属のものだけでなく、もっと拘りたい人は少し硬めの密度の高いブラシを使うことで、地毛のような自然な眉を引くことができ、パウダーアイブロウだけでも十分形を作ることができるためおススメです。

キリッとまとめるにはペンシルアイブロウ

キリッとかっこいい印象にまとめたい時や、仕事でしっかりとしたメイクをする際には、ペンシルアイブロウがおススメです。

数あるアイブロウの種類の中でも、発色が一番よくラインが分かりやすく見えるため、眉のフォルムをくっきりと浮かび上がらせることができます。

そうすることで、清潔感のある手入れの行き届いた印象を与えることができますし、覇気のある自信に満ちたイメージにつなげることに繋がります。

ナチュラルメイクにはリキッドアイブロウ

最近は濃いメイクよりも、できるだけすっぴんに見せるようなナチュラルメイクが流行っていますよね。

そういった流行顔にするためには、リキッドアイブロウがとっても活用できるんです!

リキッドアイブロウはのっぺりとした色づきにならないにも関わらず、しっかりと眉の形を整える役割をしてくれます。

毛を一本一本描きたすようにして使い、薄くしたいところは一回だけ、濃くしたいところは二、三回描くことでグラデーションを作ることができ、近くから見ても違和感がなく、ナチュラルに仕上がります。

まとめ

眉毛はメイクの中でも一番印象に影響を与えるパーツの一つです。

なかなか理想のメイクができないという人は、正しいアイブロウの選び方を知ることで、自分の望むイメージを実現することができるんです。

最近では様々な色のバリエーションで合ったり、アイブロウペンシルだけでなく、パウダー・リキッド・眉マスカラまで使いやすいアイテムが豊富に手に入ります。

記事を参考に色々試し、自分にあったアイブロウアイテムを見つけましょう。少しの変化で180度新しい素敵なメイクに大変身しますよ。