美容と健康ブログ

健康や美容に関するお悩み、コスメやダイエット系情報を掲載しています。

フェイスパウダーの役割と種類!【解説】

フェイスパウダー

 

ベースメイクをした後、最後の仕上げにサラッと使うイメージのフェイスパウダー。

普段何気なく使っている人が多いフェイスパウダーですが、しっかりフェイスパウダーについて知って選べば、自分のイメージに近い、肌の質感を作り出すこともできます。

意外と使い方の難しいフェイスパウダー。

今回は、自分に合ったフェイスパウダーを選ぶためのポイントを解説していきます!



メイクをする時のフェイスパウダーの重要な役割と種類とは?

フェイスパウダー使用

実は、フェイスパウダーは、メイクをする上で重要な役割をはたしていることは知っていましたか?

フェイスパウダーを使うメリットや種類について詳しく解説していきます。

フェイスパウダーを使うメリットは?

フェイスパウダーは、下地とファンデーションの後に使うベースメイクの仕上げアイテムです。

たくさん化粧品を使うのは、厚塗りになりそうだから、ファンデーションだけという人もいるかもしれませんが、フェイスパウダーを使うメリットがあるんです!

・メイクの崩れ防止

フェイスパウダーは、皮脂や油分を吸着する効果があります。

そのため、メイク崩れを防ぎ、ヨレを防止してくれます。

特にTゾーンは、テカリがちなのでフェイスパウダーは効果的です。

サラサラ肌をキープするために、重要な役割をはたしてくれます。

・ツヤ肌を作る

仕上げに、フェイスパウダーをのせることで透明感抜群の肌に仕上げることができます。

これは、ファンデーションの上からフェイスパウダーをのせることで、しっかり肌に密着させてくれるからです。

・メイク直しにも

フェイスパウダーは、メイク直しにも使うことができます。

あぶらとり紙やティッシュで皮脂を抑えてから、パウダーをのせることでメイク直後のさらっとした肌が復活します。

フェイスパウダーは2種類の形状がある

メリットがたくさんあるフェイスパウダーですが、実は形状に2つの種類があるんです。

・パウダータイプ

ルースパウダーと呼ばれるタイプ。

形状が、粉なので軽いつけ心地です。

サラッと透明感のある仕上がりにしたい人におススメのタイプです。

・プレストパウダータイプ

プレストパウダーは、固形のためしっかりカバーしてくれてマット無質感に仕上がります。

落ち着いた印象の肌質感に仕上げたいときにおススメのタイプです。

フェイスパウダーの選び方で変わる!なりたい顔の印象で選ぼう!

なりたい顔

フェイスパウダーの選び方は、なりたい顔のイメージで質感や色を選ぶのがポイントです。

今回は、なりたい顔の印象別のフェイスパウダーの選び方を紹介していきます!

ツヤ感をだして色っぽくいくなら

艶肌を目指したいときは、皮脂をしっかり吸着してくれるものよりも、保湿してくれるものを選びましょう。

美容液などの成分が入っているフェイスパウダーなら、乾燥を防いでくれて、潤いのある肌質を作り出してくれます。

また、「パールやラメ」の配合されているフェイスパウダーなら光が反射して、ハイライトをつけたような光沢感を出してくれます。

華やかで色っぽい印象にしたい場合におススメです。

「パールやラメ」が配合されているものは、全体につけるのではなくCゾーンや際立たせたい部分に部分使いすることで、大人の女性を演出してくれます。

透き通る透明感を出したいなら

透明感ある肌を作るなら、しっかり保湿してくれる成分の入ったものを選びましょう。

また、トーンアップしてくれるカラーを選ぶのが効果的。

ベビーピンクなど色味が入ったフェイスパウダーなら、肌馴染みがよく血色もよく見せてくれます。

さらに、ルースパウダーでサラッと仕上げることで透明感のあるすっぴん肌をつくってくれます。

カバー力重視である選ぶなら

カバー力重視で選ぶなら、パウダータイプよりも断然、プレストパウダータイプがおススメ。

しっかり肌にファンデーションを密着させてくれるので、長時間カバーしてくれます。

用具のお手入れも忘れずにしよう!お手入れ方法を解説!

コスメイラスト

フェイスパウダーを使うときに、パフなどの用具が汚れていたら、おもわぬ肌トラブルにもつながります。

そうならないためにも、用具のお手入れは正しく定期的にするようにしましょう!

パフのお手入れ方法はコレ

肌にしっかりパウダーを吸着するために必要不可欠なパフですが、お手入れはとっても簡単!

  1. 容器にお湯をためる
  2. 石鹸で優しく揉み洗い(中性洗剤やクレンジングでもOK)
  3. 流水で色が出なくなるまですすぐ
  4. 風通しのよい場所で日陰干し

これだけでお手入れできてしまいます。

洗うときにゴシゴシ擦ってしまったり、日光の当たるところで乾かすと、パフが痛む原因になるので気をつけましょう。

ブラシのお手入れ方法はコレ

続いては、サラッっと仕上げるときに必要なブラシのお手入れ方法を紹介します。

  1. 容器にお湯をためる
  2. 石鹸を手のひらで泡立てその上にブラシをクルクルと動かす
  3. 綺麗にすすぐ
  4. しっかり絞って形を整え自然乾燥

ブラシも洗った後は、しっかり乾かすようにしましょう。

半乾きの状態だとメイクも綺麗に仕上げることができないし、カビなどの原因にもなります。

まとめ

女性画像

フェイスパウダーは、選び方ひとつで顔の印象や質感がぐっと変わるアイテムです。

何気なく日常で使ってしまっているアイテムですが、今回学んだポイントをしっかりおさえて選べば、理想の顔の印象に近づけるはず。

思い通りにメイクを仕上げることができたら、毎日が明るく楽しくなること間違いなしですよね。

ポイントをしっかり掴んで、自分に合ったフェイスパウダーを選んでシーンに合わせたメイクが楽しめるといいですね!