美容と健康ブログ

健康や美容に関するお悩み、コスメやダイエット系情報を掲載しています。

オーガニックコスメとは?【解説】

オーガニックコスメイメージ

 

今回は「オーガニックコスメ」についてです。

肌やカラダに優しいといったイメージを持たれている方も多いと思いますが、実はそれだけではなく近年問題となっている地球環境にも優しい商品になります。

SDGsが話題の昨今ですが、今回はまだ使用・購入したことがない方の為に、「オーガニックコスメ」とはどんな商品なのかをご説明していきます。



オーガニックコスメについて

「オーガニックコスメ」は、有機栽培された植物を使って作られた自然派化粧品のことです。

化学的な成分を使わず、自然由来の成分だけで作られた化粧品を指します。

「オーガニック」という言葉は、化粧品以外に食品や衣類などの表示で目にすることもあり、体に優しそうなイメージを持っている方が多いでしょう。

この「オーガニック」という言葉には、どのような意味があるのかご存じでしょうか。

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わない有機栽培のこと、または有機栽培で作られた作物のことです。

土壌がもつ自然の力を活かした農法は地球環境に優しく、植物がもつ本来の力を引き出すメリットがあります。

化学的な物質は健康面での影響も示唆されていますが、オーガニックな植物なら化粧品や食品などに安心して利用できるのです。

化粧品を含むさまざまなオーガニック商品には、健康によいものを作る、土や水の汚染を防ぐ、動植物や人の暮らしを守るといったスタンスがあります。

そして、原料の栽培だけでなく、工場での製造から出荷の段階まで、化学的な物質を極力使用していないのが特徴です。

オーガニックコスメは肌への優しさだけでなく、サステナブルな取り組みに賛同できる方にもぴったりな商品といえるでしょう。


一般コスメ商品との違い

「オーガニックコスメ」と「一般コスメ」には、どのような違いがあるのでしょうか。

私たちがお店で目にするコスメの大半は、オーガニックではないコスメです。

パッケージに「オーガニック」と表示があるものはオーガニックコスメ、そうではない商品がいわゆる一般コスメにあたります。

具体的には、有機栽培した植物原料を使い、合成的な化学物質は一切使用していないものが、オーガニックコスメで、界面活性剤・着色料・香料など、合成的な添加剤を一つでも利用しているものは一般コスメです。

一般コスメの特徴

一般コスメはコスパが良くて種類が豊富、色や香り、テクスチャーがよい、といった魅力があります。

また、保存料や防腐剤が使用されている商品は、品質が安定していてとても長持ちします。

このように、一般コスメがお手ごろなのは、原料になっている石油由来の合成成分が安価で製造しやすいからです。

大昔から人々は自然にある植物を使って美容を行ってきました。

ところが、100年くらい前から石油を精製した合成的な成分が化粧品に使われるようになり、安価で大量生産が可能となったことから、合成的な成分を使った化粧品が主流となりました。

しかし、合成的な成分は刺激が強いため、肌がデリケートな人は炎症を起こしやすいというデメリットがあります。

また、添加剤の使用が認められている成分でも、アレルギーを起こすことが示唆されているものも多く存在しています。

石油由来の成分を使った化粧品の普及によって、それまではなかった化粧品アレルギーが増えた、とも言われているのです。

オーガニックコスメの特徴

一方、オーガニックコスメは肌に優しい天然成分で作られていて、合成的な成分は配合されていないため、肌の刺激や健康への影響を心配する必要がありません。

ただし、保存料や防腐剤を添加していないため消費期限が短い、着色料や香料を使っていないので香りや色が地味、といったデメリットもあります。

オーガニックコスメと一般コスメを比べると、それぞれにメリット、デメリットがあるため、一概に「どちらでなければならない」と断言はできません。

ただ、オーガニックコスメの特性を考えると、100%天然成分で作られた化粧品を使ったほうが肌によいといえます。


オーガニックコスメの効果

オーガニックな成分には、体が持つ自然治癒力を引き出す作用があると言われます。

そのため、オーガニックコスメを使い続けると肌が自ら回復して強くなる効果が期待できます。

刺激は少なく、肌を自然な形ですこやかに導いてくれるのが、オーガニックコスメの最大の強みといえるのです。

また、人工的ではない優しい香りや使い心地には、リラックス効果も期待できます。


オーガニックコスメ商品の価格

オーガニックコスメは栽培、製造に手間やコストがかかるので、一般コスメよりは高価なものが多くなっています。

ただ、日本のメーカーが販売しているオーガニックコスメは、100%オーガニックとは限らないため、手ごろな値段で入手できるものもたくさんあるのです。

日本にはヨーロッパのようなオーガニック認定の基準がないため、自社基準でオーガニックを謳うことができます。

そのため、天然成分100%のオーガニックコスメもあれば、100%オーガニックではなくてもオーガニックコスメと謳っている商品まで、さまざまなものが流通しているのです。

条件が揃っていなければ、厳密にはオーガニックとはいえませんが、合成的な添加物を使用していないもの、天然由来の成分をメインに使っているものなど、オーガニックを謳った肌に優しい商品もたくさんあります。

お財布事情が厳しいようであれば、無理に100%オーガニックにこだわらない、というのも一つの手でしょう。

もしオーガニックにこだわりたい方は、少々お高めですが海外メーカーが販売しているオーガニックコスメをおススメします。

海外の認定オーガニックコスメは化学物質が混合している心配がないので、敏感肌や化粧品アレルギーの方も安心して利用できます。


まとめ

今回は「オーガニックコスメ」についてお伝えしました。

一般コスメを使用して肌トラブルを起こした経験のある方は、一度オーガニックコスメを試してみてはいかがでしょうか。

あなたにピッタリのコスメ商品が見つかるかもしれません。